歯科のお仕事完全マニュアル 第2章 歯について STEP3 歯の生え変わり

人の成長にともなって、乳歯の下から永久歯が生えてきます。乳歯の歯根は、下から永久歯に押しあげられて溶けていき、最後には抜け落ちます。

歯が生えることを萌出(ほうしゅつ)といい、乳歯が永久歯に生え変わることを交換といいます。

STEP3では、歯が萌出する順序や交換時期についてお伝えします♪

第2章 歯について

STEP1 歯の構造と面
STEP2 口の構造と歯並び
STEP3 歯の生え変わり

1.歯の交換

歯の交換

一般的に、Aの下から1番、Bの下から2番、Cの下から3番、Dの下から4番、Eの下から5番が生えてきます。

歯の交換

6、7、8番については、永久歯のみです。

歯の交換(6、7、8番)

2.歯の萌出時期

歯の萌出時期については、個人差があります。とくに乳歯列の場合は、前歯部で約1歳、臼歯部で約2歳の差があるといわれています。

つづいて、小児患者さんの保護者への説明に役に立つポイントをご紹介します。

年齢 口腔内の状態 特筆事項
8ヶ月 8ヶ月 乳前歯が生えはじめます
1歳4ヶ月 1歳4ヶ月 乳臼歯が生えはじめます
3歳 3歳 乳歯列が完成します
6歳 6歳 6番は6歳前後に生えてくるため、「6歳臼歯」とよばれ、大人の歯への生え変わりのはじまりのサインです
前歯部の生え変わりも、この時期にはじまります
9歳 9歳 永久歯の前歯部が咬み合います。
12歳 12歳 永久歯列がおおよそ完成します

なお、口の中に乳歯と永久歯の両方がある歯列を混合歯列(こんごうしれつ)とよび、その時期のことを混合歯列期(こんごうしれつき)といいます。

とくに小児歯科や矯正歯科では、歯の生え変わりについて説明する機会が多いかと思います。

姉妹サイト『WHITE CROSS』では、こちらのような説明ツールを無料でご用意しています。

クリックしてWHITE CROSSお役立ちツールへ
ダウンロードページへ(無料登録が必要です)

患者さんとコミュニケーションをとる上で、ぜひ役立ててくださいね♪

第2章 歯について

STEP1 歯の構造と面
STEP2 口の構造と歯並び
STEP3 歯の生え変わり