歯科のお仕事完全マニュアル 第4章 診療用チェアーと準備・片付け STEP2 歯を削る道具と超音波スケーラー

歯科治療には、さまざまな器具が使われます。その中でも、歯を削る道具のことをハンドピースと呼びます。また、歯石を除去する道具のことをスケーラーといいます。

STEP2では、ハンドピースと、超音波振動で歯石を除去する超音波スケーラーについて説明します。

第4章 診療用チェアーと準備・片付け

STEP1 歯科診療用チェアー
STEP2 歯を削る道具と超音波スケーラー
STEP3 準備
STEP4 後かたづけ

1.ハンドピース

ハンドピースには、以下の4種類があります。

① タービン

エナメル質を削る際に使うことが多く、目的に合わせて先端にさまざまな形のバーポイントをつけて使用します。

それぞれのバーやポイントの呼び方は歯科医院によって異なるため、勤務している歯科医院で確認しましょう。

① タービン
タービン
さまざまなバーやポイント
タービンに使用するバーやポイント

② コントラアングルハンドピース(コントラ)

歯の象牙質を削る際に使うことが多く、目的に合わせて先端にさまざまな形のバーやポイントを取りつけて使用します。

② コントラアングルハンドピース(コントラ)
コントラアングルハンドピース
コントラに使用するバーやポイント
コントラに使用するバーやポイント
代表的なバー 名称
ラウンドバー ラウンドバー
フィッシャーバー フィッシャーバー
カーボランダムポイント カーボランダムポイント
シリコン シリコンポイント
シリコンカップ シリコンカップ
ホワイトポイント ホワイトポイント
CR研磨用バー CR研磨用バー
ピーソーリーマー ピーソーリーマー
根管形成バー 根管形成バー

③ 5倍速コントラアングルハンドピース(5倍速)

硬いものを削る際に使うことが多く、タービンにつけるバーやポイントをつけることができます。 とくに、銀歯をはずすときなどに使用する、除去用バーなどによく使用されます。

5倍速コントラアングルハンドピース(5倍速)
5倍速コントラアングルハンドピース
代表的なポイント 名称
除去用バー 除去用バー

④ ストレートハンドピース(ストレート)

技工物を調整する際に使うことが多く、ほかのバーやポイントとは形が大きく異なります。ストレートハンドピース用のバーやポイントをつけて使用します。

ストレートハンドピース(ストレート)
ストレートハンドピース
ストレートハンドピースに使用するバーやポイント
ストレートハンドピースに使用するバーやポイント
代表的なバー 名称
ラウンドバー ラウンドバー
フィッシャーバー フィッシャーバー
カーボランダムポイント カーボランダムポイント
シリコン シリコンポイント
技工用カーバイドバー 技工用カーバイドバー
ビックポイント ビックポイント
レジンバフ レジンバフ
ダイヤモンドディスク ダイヤモンドディスク

2.超音波スケーラー

歯石などを除去する際に使うことが多く、先端に取りつけたチップが超音波で振動します。目的に合わせて先端にさまざまな形のチップをつけて使用します。

超音波スケーラー
超音波スケーラー
チップが取りつけられた超音波スケーラー
チップが取りつけられた超音波スケーラー

3.ハンドピース類の管理

ハンドピースや超音波スケーラーは、治療ごとにパックし、滅菌することが好ましいです。

滅菌・パックされたタービン
滅菌・パックされたタービン

治療中は術者から、「5倍速と除去用バーを持ってきてください」などのように、バーやポイントの名前で必要なものが指示されることがほとんどです。

アシスタント業務につくみなさんは、ハンドピースの名前と、その歯科医院で使用されているバーやポイントの名前を、ある程度覚えておく必要があります。

姉妹サイト『WHITE CROSS』では、今回学んだ内容について、理解度チェックを行うことができます。ぜひご活用ください♪

WHITE CROSSアシスタント教育へ
知識チェックに参加する(無料登録が必要です)

つづいては「準備」について解説します。

第4章 診療用チェアーと準備・片付け

STEP1 歯科診療用チェアー
STEP2 歯を削る道具と超音波スケーラー
STEP3 準備
STEP4 後かたづけ